ショウジョウバカマ

e0123889_2146432.jpg

ちごの森ではショウジョウバカマが満開ですね。
カタクリほど映える花ではありませんが、カタクリに劣らない華やかさを感じさせます。
e0123889_21483662.jpg

春を感じさせる、綺麗な赤い色です。
e0123889_21572990.jpg

e0123889_21554083.jpg

ちょっと、寄りすぎですよね。
まあ、沢山咲いているということで。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-31 21:58 | 野草

マメナシ

朝からの雨で、タカやらカタクリやらギフチョウは来週に持越しでした。
で、そろそろかなと思って大草の太良上池にあるマメナシ自生地へ行ってきました。
マメナシについては、
e0123889_17452373.jpg

こちらを読んで下さい。
って、まあ湿地にはえる梨の原種で、結構レアものですよってなことです。
e0123889_17463675.jpg

葉は伸びて来ているものの、花はまだつぼみです。
ここの自生地へは立ち入りができません。
外から見るだけにしてくださいね。
小さな幼木を踏みつけてしまう恐れがあるからです。

どうしても近くで見たいという方には、
e0123889_1749926.jpg

池の堰堤に一本だけあるマメナシなら近くで見ることが出来ます。
e0123889_17501580.jpg
e0123889_175076.jpg

ただし、現在堰堤の補強中ですので、車では近寄れません。
もちろん、このマメナシも大事なものですので、手を出さないようにしてください。
おまけ、自生地で見かけたイカルです。
e0123889_17571346.jpg
e0123889_17565443.jpg

[PR]
by tumaguro | 2014-03-30 17:54 |

春のタカの渡り!

e0123889_2246348.jpg

サシバが各地でカウントされ始めました。
ひょっとして、伊良湖岬で会えるかもしれないと思い出かけました。
去年も行きましたが、空振りで何も見れずでした。
伊良湖岬の灯台の上、電波灯台があります。
その展望台から神島方面を見たのが上の写真ですね。
ちょっと今日は、視界が悪くもやっています。
秋が神島方面へ飛び出して行くなら、春は神島から渡ってくるはずだと思って見ていました。
e0123889_22512797.jpg

とりあえず、飛んでいるのはトビですね。
待つことしばらくして、
e0123889_2252685.jpg

サシバがやってきました。
海を渡って、東へ向かいます。
今年の初認ですね。
カウントは4羽でした。
続いて、
e0123889_22541723.jpg
e0123889_2254577.jpg

ハヤブサが渡ってきました。
翼の同じあたりが欠損しているのは換羽でしょうか。
e0123889_22553435.jpg

場所を伊良湖岬の駐車場に移してからは、秋とは逆の東向のサシバが流れて行きました。
その数20数羽でしょうか。
タカ柱も遠くに出来ていました。
ちょっと感動です。
伊良湖岬では春にもタカの渡りが見られるようです。
2時間あまりの観察でしたが、
サシバが30位、ノスリが2、ハヤブサが1
そして神島方面の西の海上へ飛び出して行くハイタカが1でした。

それにして、空を見上げている人が誰もいませんでした。
観光客の中で、おやじ一人が浮いています。
春も渡っているのに、もったいない!
皆さん、伊良湖岬ではサシバが渡っています。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-29 23:02 | 野鳥

テングチョウ

冬の終わり、春の初めに陽気がよくなり日差しの暖かな日が来ると、森の陽だまりに飛ぶのがテングチョウですね。
成虫で越冬して、暖かな日に出てくるのですね。
ああ、春だなと思う瞬間の一つです。
毎年、楽しみに陽だまりを探します。
e0123889_2215271.jpg

一度見つけてしまえば、それで満足して、ああテングチョウねとか言った扱いではありますが。
結構、森では沢山飛んでいます。
e0123889_2231467.jpg

食樹はエノキです。
オオムラサキとかゴマダラチョウとかと同じですね。
タテハチョウはエノキが好きなようです。
どこにでも生えているエノキですけど、何処だったけ?と思います。
森では、あまり気にして見ていません。
探さなくてはと思います。
生き物にとっては重要な樹ではありますね。

この写真は春日井の築水池で撮りました。
ハルリンドウと同じ場所です。
もちろん、小牧のふれあいの森にも飛んでいますよ。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-27 22:10 | チョウ

ルリビタキさん

あらあら、ルリビタキさんこんにちは。
見返り美人ですね。
e0123889_21331087.jpg

いやあ、お恥ずかしい。
私って、よく言われるんですよ。
そうですよね。
e0123889_21362819.jpg

まあ、褒められるとちょっと飛んだりして。
飛ぶ姿がまた美しい。
e0123889_213972.jpg

あなた、上手ですね。
そういって写真をとるんだから!
e0123889_2141697.jpg

で、バイなら~!!!

うーん、同じようなネタを続けるとは。
我ながら、お恥ずかしい!
一枚目はふれあいの森、二枚目以降は兒の森で撮りました。
つまり、同じ個体ではありません。
これはフィクションでありハクションではありません。
って、やはりオヤジギャグですいません。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-26 21:48 | 野鳥

ジョウビタキさん

e0123889_22211276.jpg

ジョウビタキさん、そろそろ北へ帰るのですね。
e0123889_2221361.jpg

お世話になりました。
いやあ、こちらこそ!
それにしても、ジョウビタキさんは可愛いですね。
e0123889_22223650.jpg

いやあ、まあ、それほどでも。
e0123889_2223102.jpg

また、会えると良いですね。
e0123889_22242520.jpg

はい、私もそう思います。
まあ、あれ、頭がかゆいぞ。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-25 22:29 | 野鳥

ノスリ渡る

e0123889_22152040.jpg

先日の日曜日に兒の森で空を見上げてタカを探して見ました。
各地で春のタカの渡りがカウントされています。
詳しくは「タカの渡り全国ネットワーク」を見てください。
タカの渡りで検索すると出てくると思います。
兒の森から北方向、ちょうど尾張富士から入鹿池を見る感じです。
双眼鏡でタカが見られるのは、尾張富士あたりまでが限界です。
直線距離にして、2キロメートルから3キロメートルでしょうか。
これ以上は無理ですね。
まあ、随分と見落としがあると思います。
飛んでいるノスリとトビの違いは何とかわかると思いますが、たぶんハイタカ位の大きさになると見えていないはずです。
写真が、これでも近くを飛ぶノスリです。
もっと遠く高いノスリを見ているわけです。
いわゆるゴマ粒でしょうか。
朝の10時から約一時間空を見上げて、カウントしたノスリが⒕羽。
他のタカは、居つきと思われるトビだけでした。
たぶん、渡っているノスリです。
みな、高く上がって北東方向へ流れて行きました。
秋と逆方向ですね。
結論は、寒かったです!
ええと、ノスリは渡っていて小牧でも観察できるという事です。
本当はサシバが見られないかなと思ったのですが、これは持越しですね。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-24 22:36 | 野鳥

花にメジロ

e0123889_2135161.jpg
e0123889_2135173.jpg
e0123889_21344035.jpg
e0123889_21342469.jpg
e0123889_21341155.jpg
e0123889_2133596.jpg
e0123889_21334496.jpg

花にメジロですね。
何も写せず、帰ろうとしたときに目の前の桜でメジロが食事をしていました。
ここに来てくれないかなと思ったところにいて、驚きました。
ちょっと逆光ぎみですね。
春の光景でしょうか。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-23 21:41 | 野鳥

ハルリンドウ

e0123889_14205335.jpg

ハルリンドウですね。
春日井市の築水池で撮りました。
池の周回路をぐるりと回って、道の近くで撮影できるハルリンドウは一輪だけでした。
e0123889_14224650.jpg

これは別のですね。
e0123889_1423252.jpg

あとは、ちょっと遠いかなといったの感じのハルリンドウがちらほろと湿地に咲いています。
[PR]
by tumaguro | 2014-03-22 14:27 | 野草

e0123889_219596.jpg

早咲の桜。
咲いていました。
春、ですね。
おまけです。
シジュウカラですね。
e0123889_2119314.jpg

[PR]
by tumaguro | 2014-03-21 21:09 |

身近な自然の記録です