<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハジロカイツブリ

e0123889_22262320.jpg

琵琶湖の姉川河口でのハジロカイツブリです。
木曽川では、遠くて写真に収めることができなかったのですが、ここでは近くで見ることができました。
ちょっと、うれしい感じです。
e0123889_22284912.jpg
e0123889_22283567.jpg

目の赤いのが印象的ですね。
ちなみに、下の写真ははただのカイツブリですね。
e0123889_2231268.jpg

やはり、姉川の河口にいました。
[PR]
by tumaguro | 2014-02-26 22:34 | 野鳥

琵琶湖にて

e0123889_22261640.jpg

もうそろそろ北へ帰るのかと思い、琵琶湖の湖北へ行ってきました。
湖北野鳥センターですね。
コハクチョウやらヒシクイやらがいました。
お目当てのオオワシは山本山の松の木の中で休憩中。
写真は撮れず、です。
たぶん、今月中に北へ帰るようです。
カモやらの水鳥たちも北帰行ですね。
春が来るということです。
[PR]
by tumaguro | 2014-02-24 22:39 | 野鳥

冬空に星が

e0123889_22124366.jpg

空に雲も無く澄んでいたので、夜空も綺麗だろうと思って出かかけました。
下の水面は犬山の入鹿池ですね。
でも、南の空が明るくて困りました。
名古屋方面でしょうか。
近くには街路灯もないのですが、空全体が明るくてはしょうがありません。
一般的には、辺りは真っ暗です。
ええ、写真撮るとき以外は、明るい街のほうが良いと思っていますので、勝手ですね。
右上にオリオン、実はこの星座しかわからなかったりして。
写真中央はシリウスでしょうか。
[PR]
by tumaguro | 2014-02-22 22:27 | 星空

青い鳥 赤い鳥!

前の週、雪が降った日に撮った写真ですね。
青い鳥、赤い鳥! ってタイトルつけて、調べてみたら、5年前にも同じタイトルで同じ鳥の写真をアップしていました。
撮影場所も似たようなものです。
e0123889_21421852.jpg

青い鳥のアオジですね。
e0123889_21425091.jpg

赤い鳥のベニマシコです。
撮ったカメラが違うから、ちょっと違った写真ですが、何年たっても同じですね。
この季節に、見かける鳥は同じ。
ちょっと、安心したりして。
[PR]
by tumaguro | 2014-02-21 21:49 | 野鳥

ハイタカ

すこし前の木曽川、犬山のあたり。
小牧では、あまりにも小鳥が見当たらないので出かけました。
水鳥は、沢山いるはずと思って。
沢山いましたが、木曽川は広いですね。
遠くて、なかなか絵になりません。
好調さんに出会って、貴重な撮影ポイントを教えて頂きました。
e0123889_21593236.jpg

ミコアイサの飛翔を見ることができました。
でも、遠いなと思っていると頭の上にタカが!
e0123889_2211150.jpg

ハイタカのようです。
e0123889_2214988.jpg

e0123889_222362.jpg

e0123889_2221442.jpg

空高くに円を描いて舞い上がり、木曽川を超えて岐阜県に飛んで行きました。
[PR]
by tumaguro | 2014-02-18 22:06 | 野鳥

ノスリ

雪の降った翌日の日曜日に、近くに出かけました。
森では、小鳥に出会えず、田んぼでしばらく見ていましたが、何も飛ばずでした。
帰ろうかとしている時に、二羽のノスリが視界に入って来ました。
田んぼの雪のおかげでしょうか、反射光で羽裏が白く綺麗です!
大地のレフ版効果ですね。
これは、伊良湖岬でも海と砂浜のレフ版効果で、タカが綺麗に撮れたりした経験があります。
e0123889_19304169.jpg

良い感じです。
e0123889_19322910.jpg

二羽いたのですけど、近すぎてなかなか同じフレームいに入りません。
e0123889_19344356.jpg

旋回が交差するときがチャンスですよね。
[PR]
by tumaguro | 2014-02-11 19:35 | 野鳥

ハマシギ

e0123889_22522387.jpg

先の日曜日に小牧は雨でした。
土曜日仕事のウィークエンドカメラマンには、ちょっと酷ではないですか!
天気予報を調べたら、南の方が回復が早く午後からは晴れ間があるようです。
で、相変わらず西尾市へ行ってきました。
一色海岸のハマシギと海苔ソダですね。
e0123889_22551177.jpg
e0123889_2255067.jpg

ハマシギは沢山群れていました。
汐が引いてできる砂州をせわしなく歩いて採餌ですね。
このハマシギ、遠くアラスカあたりから飛んできているようですね。
じっくり観察したいところですが、汐が引くに従って遠くなる砂の上に移ります。
アップの写真は撮れません!
仕方なく、遠くの景色のような写真で我慢ですね。
目当ての猛禽類を探すも見当たらず、何も見つけられません。
夕方まで粘って、唯一見かけたチュウヒですよ。
e0123889_2302655.jpg


何やら、写真のサイズが大きかったようです。
画面に表示できない場合は、ごめんなさいです。
次からは、何か考えてみたいと思います。
いわゆる、前向きに善処ってやつですけど!
[PR]
by tumaguro | 2014-02-05 23:06 | 野鳥

身近な自然の記録です