ゴマシジミ

旧奈川村は現在の長野県松本市奈川地区ですね。
市町村合併ですよ。
それは、それで置いといてですが、行って来ました。

e0123889_21225701.jpg
奈川は標高1,000mを超えるところにあるので、そばの栽培が盛んです。
e0123889_21242322.jpg
ひまわりも栽培されていました。
e0123889_21340631.jpg
これ、正面の右辺りが白樺峠でしょうか。
これから通う事になるタカの渡りの名所です。
e0123889_21351194.jpg
雲の向こうには乗鞍が見えるはずです。
ここに、松本市の天然記念物に指定されているゴマシジミが飛んでいます。
e0123889_21364798.jpg
ワレモコウの花に卵を産みますので、この花に止まることが多いですね。
で、花を食べて育ち、終齢幼虫はシワクシケアリの巣に運ばれて育てられるというチョウです。
現在、急速に数を減らしていて、10年前には東濃地方にもいたようですが、現在は見られないようです。
安定して見られるのは、ここ奈川や東北、北海道地方とか。
e0123889_21414367.jpg
てな事で、見たいと思いつつ見られずにいたのですが、念願かなって出会うことが出来ました。








[PR]
by tumaguro | 2015-08-26 21:46 | チョウ

身近な自然の記録です