ウラナミアカシジミ

e0123889_23594265.jpg
ウラナミアカシジミですね。
やはりゼフと呼ばれるシジミチョウの仲間です。
この時期にコナラやアベマキの樹に発生します。
この翅裏のゼブラな感じが魅力的です。
翅表は赤いのですが、飛ぶとき以外に翅を開くのを見たことがありません。
アカシジミと同じくらいの大きさのチョウですね。
ええと、同じくらいとはヤマトシジミより少し大きいくらいの感じでしょうか。
飛んでるときにはアカシジミと見分けがつきません。
午後の遅い時間にコナラの樹の高い葉にまとわりつくように飛びます。
ちなみに午前中は下草や木の葉で休んでいることが大半です。
e0123889_00030801.jpg
こんな感じに葉に隠れていたのですが、出て来てくれて一枚目の写真となりました。
アカシジミよりは数が少ないようです。
写真を撮った直後にチラチラと飛んで上の方へ行ってしまいました。
もう少し撮りたかったのですが、十分ですかね。
先の日曜日に、ふれあいの森で撮りました。





[PR]
by tumaguro | 2015-05-28 00:16 | チョウ

身近な自然の記録です